CFD取引は手数料無料の証券会社を比較

CFD取引は手数料無料の証券会社比較しよう

達人が選ぶ!CFD取引ではインターネット上から、お申込可能なCFD取引各社の情報をしています比較。投資家の方が安心して資料請求や口座開設を行えるよう安心の証券・商品の会社をご紹介。また初心者の方むけにわかりやすいCFD取引の仕組み入門も掲載しています。もちろん人気のCFD取引ができる証券会社は手数料が無料です。

 

最近は金価格、原油価格ともに下落したので、長期的なポジションを構築するにはいいマーケットになったと言えるかもしれない。ようやくCFDの時代がやってきた。

CFD取引ならこの3社が人気

CFD,取引,比較,証券,会社,手数料,無料

ひまわり証券

ひまわり証券

 

◆手数料無料

◆レバレッジ 20倍

◆3500銘柄取引可

3500銘柄の手数料が無料

 

<ひまわり証券の詳細情報>

ひまわり証券は、日本で初めてCFD取引をはじめたCFDのパイオニアです。そのほか日経225先物やFX等の投資商品を個人投資家に向けて提供を開始したのもひまわり証券が最初です。

 

ひまわり証券のCFD取引は約3,500種類の銘柄を全て手数料ゼロで取扱っており、株式CFDは最大20倍のレバレッジで取引が可能となっています。 株式CFDは保有の期限がない為、長期保有での運用も可能なため人気爆発中です。

 

》ひまわり証券の詳細・申込はこちら

 

CFD,取引,比較,証券,会社,手数料,無料

CMC Markets Japan

cmc

 

取引ツールNO1

◆手数料無料

◆レバレッジ100倍。

◆4000銘柄取引可。

世界の市場で約4,000銘柄を24時間取引可能

 

CMC Marketsグループは、「機関投資家向けの取引をすべてのお客様に」というビジョンのもと、1989年にロンドンで設立された個人投資家向けオンライン・トレーディング会社です。現在、ヨーロッパ・北米・オセアニア・アジアなどに拠点を設け、グローバルにビジネスを展開。オンライン・トレーディングの世界的パイオニアとして業界をリードし続けています。

 

金融取引商品をはるかに凌ぐアドバンテージを、CFD取引の世界的パイオニアCMC Marketsが実現します。

 

≫CMC Markets Japanの詳細・申込

CFD,取引,比較,証券,会社,手数料,無料

オリックス証券

オリックス証券

 

◆手数料は約定金額

  の0.01%

◆レバレッジ100倍。

◆30銘柄取引可。

ついにオリックス証券がCFD取引に参入

取扱銘柄は約105銘柄で、株価指数銘柄、株価指数先物、外国と日本国内の個別銘柄、商品直物及び先物で、先進国をそれぞれ代表する銘柄や流動性の高い銘柄を集めています。海外の個別銘柄は、サービスを開始して間もないこともあり、現在は選りすぐりの約30銘柄となっていますが、今後随時拡大予定とのことで期待されています。

 

オリックス証券のCFD取引ツールが充実。オリックスFXのユーザーの間で評価の高い「トレードギア」を、CFD取引用にバージョンアップしており、今後人気が高まっていくことが予想されます。

 

》オリックス証券の詳細・申込はこちら

原油高の株価への影響は限定的

ここまで世界の株式市場は順調に上昇を続けてきたが、足元は北アフリカ・中東情勢を嫌気して、不安定な動きとなっている。またユーロ圏の信用不安から世界経済が収縮し、クレジットラインも先細っている。ここは原油など売りのチャンスであろう。

 

チュニジアで始まった反政府デモは瞬く問に北アフリカ・中東全域に拡大したが、市場への影響は限定的だった。それが、ここにきて影響し始めたのは、リビアからの石油供給に支障が生じて原油価格が高騰、これが世界景気の悪化懸念につながったためだ。

 

しかし、原油高が経済に与える影響はそれほど大きくないと考えている。経済協力開発機構(OECD)発表の景気先行指標と原油価格を比べると、指数の動きに原油が追随している。2只気が原油価格に影響する」のであり、その逆ではないことがわかる。

 

実際、世界経済が後退局面に陥った2000年や07〜08年も、原油高で景気が悪化したわけではない。ITバブルの崩壊やサブプライム問題による景気悪化が、原油価格が下落に転じた理由だ。

 

また、原油価格の上昇余地も08年ほど大きくないだろう。米国の原油やガソリンの在庫水準は08年に比べてかな旦局い。それほど需給が逼迫しているわけではない。原油がさらに急騰するためには、リビア以外に石油供給に支障を生じる産油国が複数出てくることが必要と思われるが、現時点でその可能性は低い。各国とも失業対策や賃上げなど懐柔策を採る一方で、デモ隊を武力で鎮圧することは抑制している。したがって、武力衝突が他国に飛び火する可能性は低く、原油価格の上昇にも限界があると考えてよいだろう。

 

原油高

 

CFD取引の注意事項

CFD取引は元本保証の取引ではありません。資金効率のよいレバレッジのきいた金融商品となりますのであくまで余剰資金で取引ください。また証券会社選びは自己責任でお願いします。